筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

Kr.F さん (アジア文化学科)

東明館高等学校(福岡)

北京語言大学に来て
Mar . 2012
北京語言大学に来て、はやくも一か月がたちました。北京の空港に着いてすぐ、ガイドさんが迎えに来てくれる手筈になっていましたが、どこにも見当たらず一緒に来た岩見さんと二人で冷や汗をかきました。しかし、空港内にある無料でかけられる公衆電話でガイドさんに連絡を取ることが出来、無事に北京語言大学にたどり着くことが出来ました。

大学に着いて数日は入学手続きも始まっておらず、先輩に紹介していただいたフランス人と中国人の友達のおかげで身の回りの物を揃えたりなど何事も問題なく済ませることが出来ました。

しかし、しばらくして始まった入学手続きはトラブル続きでした。入学金の支払いを日本円でしようと考えていたら、入学金を支払う順になり現金を差し出すとここでは人民元しか扱えないと言われ大変焦りました。ほかの場所で支払うように指定されましたが、その場所もどこにあるのかわからず、一生懸命に探し出し支払うと次の段階で支払ったという証明の印鑑が必要だと言われ、言われた場所に向かってもここではないと言われ散々な思いをしました。入学の手続きが一苦労して終わってみると同じ問題で苦労した新しい友達や知り合いが出来、大変だった入学手続きも笑い話になりました。そのあともビザの更新に新たな写真が必要になったりと細々とした問題が起きましたが今はなんとか無事に手続きを終わらせることが出来ました。

こちらでの中国語の勉強は学ぶ期間によって授業が行われる校舎や授業の開始時刻が異なりチャイムなどもありません。さらに、今私がいるクラスは他のクラスと異なり一日遅く始まりました。初日は優しい女性の先生の授業だけだったので授業についていけると安心しましたが、二日目からは外見や口調がとても怖い男性の先生によるリスニングの授業が始まり授業についていけるのか不安になりました。最初は、先生が何を質問しているのかもわからず、怖くて不安になりましたが、ずっと授業を受けていくうちに何と質問しているのか、説明しているのか分かるようになりました。今は授業がとても楽しく感じます。クラスのなかで一番中国語をうまく話せる韓国人の人と友達になり、休み時間は友達と週末の予定や今度の長期休暇の予定を中国語で話したりしています。しかし、まだまだ中国語を話すことは難しくうまく話せませんが、たくさんの人と話すことで自分の中国語をもっと磨きたいと思います。
 
 
6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る