筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

Yuk.M さん (英語学科 )

福岡中央高等学校(福岡)

カナダを今では本当の故郷のように感じています。
Feb . 2012
冬のセッションも半分が過ぎました。2月の終わりから3月の頭にかけてブレイクウィークという約一週間の休暇があり、ルームメイトと二人でトロントへ出かけました。キングストンでは見られない高層ビルやショッピングモールがいくつもある人気の都市です。天気はあまりよくなかったのですが、買い物をしたりお寿司を食べたり、ミドルイーストのレストランへ出かけたりと十分楽しむことができました。ミドルイーストの料理は初めて食べたのですが、とてもおいしくてすぐ気に入りました。トロントにはアジア人が経営している美容院やチャイナタウンなど、普段なかなか手に入らないものが数多くあるため帰りたくなかったです。しかしいざ帰ってみると、キングストンに着いた瞬間安心しきっている自分がいました。カナダに来て約6ヵ月が過ぎましたが、今では本当の故郷のように感じています。

この一か月間は、スキーやスケートなど寒い冬ならではのスポーツをクラスメートと一緒に楽しみました。キングストンには無料で使用できるスケートリンクが街中にいくつかあり、気軽に使用することができます。お年寄りから小さな子供までみんな上手に滑るのを見ていると、スケートがどれほど親しまれているのかよくわかります。私も挑戦してみたのですが、何度も転びそうになりました。スキーはクラスメート達とツアーを予約し、キングストンからバスで2時間ほどの山まで出かけました。人生で初めて経験したのですが本当に難しく、最初はスキー板を履いたままでは歩くこともできなかったほどです。クラスメートの一人にスキーが得意な生徒がいるので、みんなで教えてもらいながら一日中練習をしました。帰る頃には少し上達したのではと思います。

ブレイクウィークの後は中間成績の発表があり、担任の先生と面談をして自分の弱点と成長した点について話し合いました。私はスピーキングスキルがまだ弱いので、より積極的にルームメイト達と話すよう心掛けたいと思います。カナダでの留学生活も終わりが近づき寂しい気持ちもありますが、残された時間を有意義に過ごせるよう努力したいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る