筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

Na.O さん (英語学科 )

九州国際大学附属高等学校(福岡)

オーストラリアで日本のお正月を楽しみました!
Jan . 2012
気がつけばもう2012年も1カ月が過ぎてしまい、月が変わるたびに時間のたつ速さを感じています。

1月の初めは、日本の風習を楽しんだ月でした。年末花火を見た後3日に自分の家に友達を招待し、新年会を開きました。そこには中国人、台湾人、日本人、アラビア人、スイス人が来てくれて、ルームメイトと日本人で力を合わせて中国、日本のお正月料理を作りました。しかし、ここはオーストラリアで、Chinese shopはあるものの、日本食全てが揃うわけではありませんでした。なので、知恵を振り絞って創作おせちを作りました。栗きんとん、筑前煮、ごまめを作ったところ、みんな美味しいと言ってくれたのでよかったです。中国料理も美味しく、とても楽しい時間を過ごすことができました。

他には、私は今年度二十歳になるので、他の二十歳の友達と一緒に成人式ごっこをしました。みんな着物も浴衣も持っていなかったので、それっぽいものを着て、友達の家で成人式をしました。本当の成人式とは全く違う感じでしたが、市長役の人の「成人としての自覚をもって…」という言葉を聞き、これからの自分のありかたを再認識することができました。

1月の半ばには、ホストマザーの誕生日会をしました。ルームメイトと一緒にプレゼントを選び、ケーキを買ってサプライズをすると、たいへん喜んでくれて、まるで本当のお母さんの誕生日を祝えたかのような温かな気持ちになれました。

その後はChinese New Yearということで友達の家に行き、たくさんの人たちと話しながら過ごしました。周りはみんな中国人で少し心細かったけれど友達や友達のお父さんに「新年好」と、中国語で言うと喜んでくれて、その時にたくさんの中国語を教えてもらえました。

26日はAustralia DayだったのでCityの花火を見に行きました。New Year’s Fireworksに比べると規模は小さかったけれど、音楽と光と一緒に花火が上がり、とてもきれいでした。そこにはたくさんの国の人が来ていて、やっぱりオーストラリアは多国籍国家だと改めて思いました。

2月に入ると、今のコースの終わりを告げるFinal Exam、Graduationがあり、そしてまた1つ上のステップに上がります。まだ漠然とではあるけれど将来の夢も見えてきたので、それを実現させるためにももっと頑張って行こうと思います。
3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る