筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

Ku.K さん (アジア文化学科)

福岡舞鶴高等学校(福岡)

留学生活を振り返って
Dec . 2011
ついに12月に入り、留学生活にも終わりが近づいていることを実感し始めました。授業が終わりを迎えるのと同時に今まで一緒に勉強してきた友達も次々と自分の国へと帰っていきます。お別れは本当に寂しいです。おそらく、中にはもう二度と会えない友達もいると思います。

今月はテストを兼ねた劇が行われました。班ごとでそれぞれ話の内容や小道具、音楽などを準備して、自分たちで劇を作り上げます。私が想像していたよりもかなり本格的でびっくりしました。ある班は「カンフーパンダ」、また別の班は中国で放送されている番組を真似た劇など、どの班の劇も個性的でとても面白かったです。

そして、西安旅行にも行ってきました。兵馬俑だけを目的とした大した計画も立てられていない旅行で、行き当たりばったりではありましたがこれもいい経験になったと思います。兵馬俑は中国に来たからには絶対に見て帰りたいと思っていたものだったので、行くことが出来て本当に良かったです。金曜日と土曜日を使って行ったせいか人も少なく、思う存分見て回れました。

この留学生活の約1年間を振り返ってみると、さまざまな経験を積むことが出来たと思っています。日本に居た頃よりも多くの時間があり、今まで以上に色々なことを考えさせられた1年間だったのではないでしょうか。語学力を向上させるために悩んだこともありました。そして、その度に日本に居る家族や友達に何度も助けられました。体調を崩して、学校を休んでしまった時もクラスの先生や友達が心配してくれて本当にたくさんの人に私は支えられていることを知ることが出来ました。中国へ来て学んだことは語学だけでなく、自分一人の力でこれまでの生活を送ることが出来たわけではないということを実感させられたことだと思います。

今思えば何ということもないことが、来た当初は驚きの連続で本当にやっていけるのか不安になったこともありました。ですが、中国の中で生活を送ることで、中国の生活習慣やリズムなどの文化を知り、徐々に中国について理解できるようになったような気がします。日本に帰国してからのことを考えると、また違う不安がありますが中国留学が色んな場面で活かせられるように頑張りたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る