筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

Na.M さん (英語学科 )

致遠館高等学校(佐賀)

友達と過ごす時間も大切に。
Oct . 2011
10月に入り、カナダは寒さが少しずつ増してきました。私にとっては寒いと感じても、ホストファミリーは「まだまだ涼しいよ」と言っていて、日本人とカナダ人の違いが身に染みて分かります。大学では毎日ジーンズにTシャツ、スニーカーといったカジュアルな格好をしていて、日本人留学生は比較的におしゃれです。外国人のクラスメイトに「なんで日本人の女の子は毎日おしゃれをするの?」と尋ねられてうまく答えられなかったのが印象に残っています。

10月は1週間のBreak Weekがあり、私と友達2人で予定を立ててフロリダへ1週間の旅行へ行ってきました。空港やバスを利用する際に、分からないところをスタッフの方や現地の人に尋ねることによって自分の英語への自信や弱点がクリアに分かった気がしました。あと、道などに迷っていたりすると気軽に声を掛けてくれる人が多く、人と人との繋がりの大切さを改めて感じました。まだ私はフランクに声を掛けることはできなくても、あいさつと笑顔だけは大切にしていこうと思います。

Break Weekで息抜きをした後は、秋のイベントであるハロウィンを体験しました。コスチュームを着て家の周りをホストファミリーとルームメイトと家の周り歩き、近所の人との交流を体験しました。どの子供たちもただコスチューム着るだけではなく、思考を凝らしたメイクやアクセサリーで自分を表現していて感動しました。いただいたお菓子は山ほどあり、まだ全部は食べきれていません。

10月の末には中間成績の結果をいただきました。それは私の英語の弱点などを詳しく先生が分析して、さらに一人ひとりにコメントまで付けたものでした。私の弱点はボキャブラリーで、今はエキストラホームワークをもらって弱点を埋めている最中です。自分の成績に一喜一憂せずに、貪欲に英語を吸収したいと思います。

11月はスクールトリップでケベックやモントリオールへ行く予定がある他、クラスメイトのアルジェリア人の友達の家で、日本料理を作ってパーティーを開く予定です。今セッションも早いものであと残り1か月となってしまいました。ルームメイトを含めた日本人の友達のほとんどは12月で帰国する予定で、勉強だけでなく、留学先で出会った友達と過ごす時間も大切に過ごせるようにしていこうと思います。
6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る