筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クイーンズ大学

A. I さん (英語学科 )

九州女子高等高校(福岡)

成長した留学生活
Jul . 2011
こんにちは。7月も終わり、私のクィーンズ大学生活にも、終わりを告げました。この1か月は私にとって、一番大変な1か月で、そこから学んだこともとても多かったように思えます。
 7月1日は、カナダデーで、日本でいう建国記念日でした。私は友達とオタワに行ったのですが、先日結婚された、ウィリアム王子と、ケイト夫人が式典に来ていたということで、とてもにぎわっていました。この日、私はカナダと日本について考えてみました。カナダはとても愛国心が強く、カナダデーでは、人種、国籍を問わず、みんながカナダのTシャツを着ていたり、カナダの国旗を掲げたりしていました。日本人も、愛国心はあるとは思いますが、それをなかなか表に出す機会はありません。私の結論は、やはりこれもお互いの文化ではないかな、と思いました。カナダの人は、基本的に思ったことはすぐに言う、ととてもストレートです。それに対し。日本人はシャイだったり、言いたくてもまずは相手を思い、考え行動に出るんではないかな、と思いました。どちらも良いところ、悪いところがあり、こういうところでも文化を学んだり、自分自身について考えるいいきっかけになったと思います。
 学校生活では、学期末ということで、エッセイにプレゼン、とても忙しい1か月でした。特にエッセイは、ほぼ0の状態から始めて、この1年の集大成だったので、自分に気合を入れて取り組みました。本を何冊も読んで、リサーチをしたり、となかなか大変でしたが、終わってみたいま、とても充実感があります。
 この1年間の留学で、英語力だけではなく、私自身とても成長できたのではないかな、と思います。そして、家族、友達、先生方、周りにいる人たちの温かみを感じることができた1年でもありました。この経験を生かして、自分にできることをすこしずつでもいいのでやっていこうと思います!
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る