お知らせ

江戸時代の地方文化形成 〜真宗寺院所蔵の版本写本から〜【特別研究会】

 題目:江戸時代の地方文化形成 〜真宗寺院所蔵の版本写本から〜
※同時開催 版本写本の調査(ワークショップ)
日時:平成28年7月14日(木)15:00〜17:00
場所:筑紫女学園大学総合会議室
講師:木本拓哉(中国哲学史、久留米高専非常勤講師)

要旨:  地方文化が花開いた江戸時代、人々が各地へ移動するとともに

 版本写本も都市から地方へと旅をした。それらは地方においてどのよう

に読まれたのであろうか。
本研究会では、地方真宗寺院の版本写本史料などの調査に携わってこ

られた木本拓哉氏をお招きし、真宗寺院所蔵の版本類史料の近世文化史研

究における有効性について考えたい。
同時開催として、妙徳寺(福岡市)から所蔵史料をお借りして史料調

査のワークショップをおこなう。

対象:関心のある方(学内外問わず。学生歓迎)
      ※途中参加・退出も可能です。
      ※準備の都合上、事前に下記までご一報下さい。
 
 【お問い合わせ・連絡先】:小林知美(アジア文化学科)
   TEL&FAX:092(925)9308 
   E-MAIL:tomomiogata@chikushi-u.ac.jp

トップページ | 研究所について | プロジェクト | 研究成果 | 研究会 | 関連機関 | お知らせ一覧

Copyright (c) 筑紫女学園 人間文化研究所 All Rights Reserved.