文字サイズ変更

筑女について

お知らせ

夏季「東日本大震災ボランティア研修」説明会を行いました【実習支援センター】

更新日:2016/7/11

7月7日(木)に、東日本大震災ボランティア研修会の夏季ボランティア研修説明会を行いました。
筑紫女学園大学では2012年2月から活動を継続し、今回は第17回目となります。

説明会では、これまで複数回の参加経験のある発達臨床コース井之上彩香さんから具体的な活動の説明が行われ、今回の活動内容については現代社会学科の栗山俊之先生から説明がされました。
約20名の学生が参加し、被災者の方との交流会の様子や各地で行った研修のスライド等の説明にじっくり耳を傾けていました。

2011年3月11日の東日本大震災から6年目に入り、震災直後の様な被災に関する報道は少なくなってきましたが、被災地支援も第17回となり、被災地のニーズや生活の変化を感じています。
また、2016年4月14日に起きた熊本・大分地震についても、学生が自ら募金や被災地支援に関わり地震直後より活動を開始しています。

【第17回の予定】
日程:2016年8月31日(水)~9月4日(日)4泊5日
訪問予定地:岩手県(陸前高田市、大船渡市、釜石市、大槌町、花巻市など)