ript>

文字サイズ変更

学部・学科・大学院

人間科学部 心理・社会福祉専攻 社会福祉コース

教育の特徴と目標

[コースの特長]共に生き、支え合うために。社会福祉の専門職を目指します。

私たちは生活をする中で、病気、老い、障がい、貧困など、様々な困難に出会います。これらを少しでも軽減し、人々が前向きに生活していけるように手伝うのが社会福祉の仕事です。本コースでは、社会福祉に関する法律や制度などの枠組みをはじめ、困っている人の話を聞く相談技術まで、幅広く学びます。特に、社会福祉士や精神保健福祉士を目指す学生には、相談援助の専門職としての技術をきめ細やかに指導する、少人数のサポート体制を整えています。

[目標とする将来]ソーシャルワーカーや教職員など社会福祉の様々な場面で実力を発揮。

本コースでは、多くの学生が社会福祉士国家資格の取得を志し、社会福祉施設、相談機関、医療機関などで社会福祉士(相談援助の専門職であるソーシャルワーカー)として活躍することを目指します。また、精神保健福祉士国家資格を取得することで、精神障がい者の社会復帰施設などでも働くことも可能です。さらに、福祉科の高校教員免許や特別支援学校教員免許を取得して、本コースで学んだ社会福祉の理論や技術を次の世代に伝える教員の道も開けています。