筑紫女学園大学 公認心理師への対応について

「公認心理師」が心理職の国家資格として誕生します。
公認心理士は、保健医療、福祉、教育などの分野において、以下のような仕事に従事します。

(1) 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析

(2) 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助

(3) 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助

(4) 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

また、公認心理師の資格を取得するためには、次のような方法があります。

(1) 大学において主務大臣指定の心理学等に関する科目を修め、かつ、大学院において主務大臣指定の心理学等の科目を修めてその課程を修了した者等

(2) 大学で主務大臣指定の心理学等に関する科目を修め、卒業後一定期間の実務経験を積んだ者等

(3) 主務大臣が①及び②に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者大学で受験資格に必要な心理学に関する科目を修得し、一定期間の実務経験を積むこと

筑紫女学園大学 人間科学部 人間科学科 心理・社会福祉専攻 発達臨床心理コースでは、公認心理師の受験資格が取得できる教育体制の準備を進めています。
今後も、公認心理師に関する情報や本学の準備状況についてもホームページに掲載していきますので、ご覧ください。