文字サイズ変更

学部・学科・大学院

人間科学部 心理・社会福祉専攻 発達臨床心理コース

教育の特徴と目標

共に生き、支え合うために。社会福祉の専門職を目指します。

発達臨床心理コースでは、幼少期から成年、高齢期など、人の生涯にわたる発達を学び、それぞれの年代の心理的特徴や、時期ごとに生じる特有の課題などを学んでいきます。世代、性別、生活環境、社会情勢など、多様な課題に対してどのようにサポートを行えばよいか、臨床心理学的な支援方法を、系統だったプログラムによって、理論と実践の両方をバランスよく学びます。人の心のしくみや社会の影響など、さまざまな視点から考える科目も充実しています。

ソーシャルワーカーや教職員など社会福祉の様々な場面で実力を発揮。

人の心や子どもの発達に理解を深める本コースでは、教育・福祉分野をはじめ、地域の様々な場で活躍できる人材を育てていきます。企業や中学校、高校、特別支援学校のほか、地域の各種支援センターなどでも、本コースの学びを活かすことが可能です。また、より高度に学べる大学院への進学も考えられます。自己をしっかりと持ち、人の心に寄り添っていける人材は、幅広い業種で求められています。