文字サイズ変更

学部・学科・大学院

文学部 日本語・日本文学科

教育の特徴と目標

「読む・書く・聞く・話す」を基軸に、日本語の高度な表現力を養います。
日本語を学ぶ上で最も大切な「読む・書く・聞く・話す」をベースに、基礎学力を伸ばし、専門的知識をじっくり養成。自らの視点で物事を捉え、「考える力」「創造する力」を育みます。日本語について幅広く理解を深めることで、豊かな言語感覚と表現力を身につけ、コミュニケーション能力の向上を図ります。
考える力、創造する力 読む、聞く、書く、話す
時代をうつす鏡、“文学”を通して洞察力と創造力を磨きます。
現在に受け継がれる日本文学は、各々の時代を反映した鏡のようなものであり、言語や文化を学ぶ上でも欠かせない存在です。そこで、各時代の日本文学作品や日本文学に大きな影響を与えた中国文学をひもとき、作家の考えや作品が描かれた背景、文化などを深く理解することで、読解力・洞察力を養成。さらに、「創作」による高度な表現力と、文学的な創造力を磨きます。
日本の文化を実践的に学び、アクティブな国際人を目指します。
グローバリゼーションが進む社会で活躍するには、まず自国の文化を正しく理解することが大切です。歴史・民俗・宗教・教育を基礎に、日本文化への多角的な理解を推進。様々な演習や実習、観察、見学などを通して、五感で体験しながら日本文化をより深く学びます。また、各国との交流の歴史など、異文化との関わりも学ぶことで、国際人として優れた行動力を身につけます。
日本のことば・文学・文化を愛し、実践力を持った人間を育成。
日本語は、文学・文化を学ぶ上での大切な土台となります。本学科では、日本語の技能をしっかりと習得し、さまざまな事柄を多面的かつ的確に捉える力を培います。これらの学びを通して、独自の視点から考える「思考力」、自分自身のことばで物事を伝える「表現力」「コミュニケーション能力」を持った人間の育成を目標にしています。本学科のカリキュラムは、専門領域である日本語・日本文学・日本文化はもちろん、社会人としての素養を磨く科目も幅広く設けています。ここで学んだ高度な語学力やコミュニケーション能力などのスキルは、業種を問わず社会全般に求められています。国語教員や日本語教員のほか、博物館学芸員など専門性を生かしたエキスパートも輩出しています。