文字サイズ変更

学部・学科・大学院

文学部 日本語・日本文学科

カリキュラム

1年次 学びの基礎を広く理解・把握する 大学での学びの”入口”にあたる基礎科目の概論や入門科目で、言語・文学・文化の基礎を広く理解・把握します。
2年次 資格や興味に従って知識を深める 専門科目の授業が本格化。取得したい資格や興味に従って科目を選択し、言語・文学・文化各領域の専門的な知識を深めます。
3年次 将来を見据えて目標を絞る さまざまな演習・実習などでコミュニケーション能力や思考力を養成。ビジネス関連などの実践的な授業や、資格の取得等に目標を絞った科目を設けています。
4年次 実践力を蓄えた学びの集大成 「書く力」と「創造する力」を養う卒業論文制作は、4年間の集大成。
カリキュラム一覧

画像をクリックすると拡大します。

在学生の時間割

山本 千尋さん

山本 千尋さん(3年)
大分県・大分雄城台高等学校出身

教員免許取得のために毎日頑張っています

中・高の国語一種免許状取得を目指して必要な科目を友人と相談しながら決めました。レポートや課題が多い講義の前日はあえて空き時間を作り、学内で作成しています。演習など他の学生の色々な意見に触れる授業も多く、考え方も広がります。教職の勉強は大変ですが、努力するほど目標に近づけると思って毎日頑張っています。

ユニークな一押し授業

漢文読解/桐島薫子教授 日本の言語文化に影響を与えた漢文・漢字に親しみ、国語力を高める。

講義では、漢文の読解力・漢字の語彙力を高めていきます。そして、日本の言語や文化に影響を与えた文学作品への理解を深め、自身の考えや表現の上で活用できるようになることを目指します。たとえば、訓点が付いていない原文を読む練習、その基礎トレーニングとしてJIS第1水準漢字(漢検「準1級」レベル)に習熟する機会を設けます。また、教員採用試験に現役で合格した学生の意見を参考に開発した教材も活用中。テストや発表が多い授業ですが、教室には、教職希望の学生だけでなく、古典に親しみたいという学生たちの「やる気」が満ちあふれています。

教員紹介