文字サイズ変更

学部・学科・大学院

人間科学部 教育の特徴と目標

人とのつながり、生涯にわたる発達、共生社会づくりの担い手。
心理学を中心に専門性を高め、人間力と実践力を育成。

複雑かつ多様な課題を抱える現代社会において、人の心に寄り添い、支え合って生きる、人と人、地域社会とのつながりを大切にした「共生社会」づくりの担い手が求められています。

人間科学部では、あらゆる分野と深く関わりのある「心理学」をベースに、1年次からそれぞれの目標に合わせて専門性の高い知識と技術を身につけ、実践力に磨きをかけます。 資格取得だけでなく、関連分野も幅広く学びながら、実社会で通用する専門職業人を養成します。

教育の特長

●社会で実力を発揮する「求められる人材」を目指して
筑女では、専門分野に関する知識・技術はもちろん、大学時代に身につけておきたい「学士力」に磨きをかけます。加えて、人として大切な倫理観や自己管理能力、目標に合わせたキャリアプランニング、コミュニケーションスキルなど、人間科学部で身につける様々な能力は、福祉・教育の専門職に限らず、一般企業など幅広いビジネスシーンでも活躍が期待できます。

●1年次から専門的に学び、高い実践力を修得
人間を理解するためには、心理学、社会学、社会福祉学、教育学、保育学などの関わり合う学問を総合的に学ぶことが大切です。人間科学部では、1年次から社会人としての基礎力を養いながら、専門分野に触れることで、目標に向かって段階的にステップアップ。豊富な演習を取り入れ、高度な実践力を養います。

心理・社会福祉専攻

発達臨床心理コース

人の心について、多面的に理解。心理学をベースに幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

社会福祉コース

共に生き、支え合うために。人間と社会のあり方を見つめる、福祉のスペシャリストを育成します。

初等教育・保育専攻

初等教育コース

社会状況や子どもの心理など、幅広い視点から教育に関わる実践力のある教育者を育成します。

幼児保育コース

複雑化する社会の中で、子どもと保護者の心に寄り添う、つねに時代が求める保育者を育成します。