文字サイズ変更

学部・学科・大学院

文学部 英語学科

教育の特徴と目標

実践的な英語力と専門知識を身につけ、異文化の架け橋となる人材を育成します。
「聴く・話す・読む・書く」を徹底した総合的な英語運用能力を習得。英語圏の思想や理論、文学・文化に関する専門知識を養い、異文化への理解を深めます。また、様々な資格や検定の取得をサポートすることで、実務的な能力・知識を養成。幅広い教養を持ち、国際社会で活躍できる人材を育みます。
ECPとは/英語の4技能(Listening/Speaking/Reading/Writing)をバランスよく向上させる本学科独自のカリキュラム
独自の「ECPシステム」と習熟度別のクラスで英語能力を着実にレベルアップ。
ECP(English Communication Program)システムとは、英語の4つの技能をバランスよく向上させる、本学独自のカリキュラムです。1〜3年次に習熟度別のクラスを設け、英語圏出身の教員を中心にした少人数の授業を実施。基礎から徐々にレベルアップを図ります。また、メディア英語やビジネス英語など、幅広い教養とともに、海外研修への参加も推進しています。
人と人とのつながりを大切に専門分野の知識と理解を深めます。
英語学、英語圏の文学・文化など専門的な知識を学ぶことで、 人と人とのつながりを大切に、深い人間理解を持った自立した人材を育成。教職課程の専門科目に加え、3・4年次の「児童英語教育研究」など、中学・高校、小学校など各種英語教員や日本語教員など、専門的な職種に携わる道も開けています。
確かな語学力と国際感覚を磨き、グローバルに活躍する女性を目指して。
英語に関する幅広い教養や学問的・実務的な専門知識の習得を通して、人と人とのコミュニケーションを大切に、国際社会で活躍できる人間を育成すること。それが本学科の目標です。基礎的な語学力はもちろん、英語圏の文学や生活様式など、多角的な視点から異文化に対する理解と関心を深めることで、豊かな人間性を持ち、グローバル社会に適応する職業人を育成します。自分の目標に合わせて、着実にスキルアップを促し、将来のキャリアプランニングまで見据えたサポートを実施します。また、実社会で必要とされる事務処理能力や知識の習得も徹底的に指導。志望の進路に向けた資格・検定取得支援も行っています。