文字サイズ変更

学部・学科・大学院

人間科学部 初等教育・保育専攻 幼児保育コース

カリキュラム

1年次 幼児教育の基礎を習得する 幼児教育・保育の専門職としての基礎づくり。「教職入門」「保育原理」など幼稚園教育と保育の専門分野を1年次から学び、基礎知識・技能を習得します。早くから始めてしっかり実力をつけます。
2年次 保育の演習で専門知識と技能を高める 目指す分野の専門性の深化。音楽演習、体育、図画工作、保育内容演習などで実践しながら自身の専門的知識・技能を発展させていきます。「保育心理」などにより子どもの権利や保育の重要性を深く考えます。
3年次 豊富な現場実習で実力を養う 参加・体験型=知識・技能の実践。保育実習として、保育所実習と児童福祉施設実習に取り組みます。大学での学びを教育・保育の現場の実践へとつなげていきます。「保育相談支援」や「障がい児保育」などでも、実習の気づきや課題を関連づけて具体的に考えていきます。
4年次 実践力と応用力をもつ保育者を目指す 実践的応用力を身につけ、豊かな人間力と高く確かな実践力を備えた幼稚園教諭や保育士に。幼稚園教育実習に取り組み、「保育・教育実践演習(幼稚園)」でこれまでの実習を総括します。4年間の学業の集大成として卒業研究にも取り組み、専門性の高い保育者を目指します。
カリキュラム一覧
画面をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

在学生の時間割

山内 晴香さん(3年)
長崎県・佐世保西高等学校出身

実習準備や将来を見据えてしっかり科目を組み立てました。

1〜2年次は興味を持った科目を中心に履修し、3年次からは実習準備や将来を見据えてしっかり勉強できるように必修科目のみを履修しています。空き時間には息抜きがてら図書館でDVDを観ることも。子どもだけでなく保護者にも寄り添えるような保育者になれるよう、授業が無いときはボランティアにも積極的に参加しています。

ユニークな一押し授業

初等生活科概論Ⅰ/松本和寿准教授 幼児教育と小学校教育 双方の学びの特質を知り専門職としての力量を高める。

小学校の教科である生活科の目標や内容について学びます。この授業は初等教育コースだけでなく幼児保育コースでも欠かすことのできない重要な授業です。それはなぜだと思いますか?幼児教育に携わる教員が「この後、子どもが小学校でどのような学びをしていくのか」知っておくことは、その教育の質を高めるためにとても大切です。そのため、幼児保育コースの学生にも、幼児教育と方法や内容に共通点のある生活科を通して、小学校教育の具体を学ぶことができるようにしているのです。そうすることで、幼児教育と小学校教育の双方について理解を深めながら、専門職としての力量を高めていってほしいと考えています。

教員紹介