アジア文化学科

あじあんず

アジア世界への水先案内人 アジア文化学科の大きな資産は、なんといってもバイタリティあふれる教員達です。 フィールド経験豊富な教員の授業やゼミは、 貴女の好奇心とやる気をかき立てます。
水先案内人 石其琳 海善 大津忠彦 小林知美 喜多村百合 田村史子 横山豪志 崔淑芬 竹熊真波
ページトップ
日本
小林知美准教授
■専門・研究テーマ
専門は日本美術史、なかでも日本の絵画に自然の風景がどのように表現されてきたかを テーマとしています。現在の研究対象は平安時代のお経に描かれた絵画(経絵)です。
■担当科目
日本美術史、仏教美術史、比較文化論、体験−伝統文化実習、体験−ミュージアムで学ぶアジア
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「江戸絵画史における伊藤若冲−『動植綵絵』にみる表現力−」
「優美な写生−花鳥蒔絵螺鈿聖龕にみられる図案の特徴とその時代背景」
「敦煌莫高窟・第285窟の飛天を中心にして見る中国仏教美術の変化」
「『大吉』からみる梧竹の個性」
「平安時代特有の色彩の取り合わせ−西本願寺本三十六人家集石山切の料紙に見る−」
■メッセージ
21世紀の日本に生きている私たちが、すこしでも昔の時代に目を向けたり、すこしでも視野を広げてアジアのいろいろな地域を見渡したりすると、自分と同じところも違うところももっている色々な人々が生きていることに気づき、自分もその中の一員なんだと自覚できます。美術作品というのは美しいだけでなく、それぞれの時代や地域の人々の生活の中からうまれたものです。美術作品を見ることを出発点として、それらをつくった人々に思いを馳せると、いろいろな時代・地域の人と心を通わせることができます。 時空を超えた友達ができる、それが美術史の楽しさです。
■趣味
身体的散歩(時間・場所を問わず)&精神的散歩(現実・非現実を問わず)
緒方知美講師
お経の調査をしているところ
ページトップ
韓国
海善教授
■専門・研究テーマ
韓国と日本の経済を比較研究しています。特に、労働問題に興味を持ち、女子労働、非正規労働、若年労働、高齢者労働を研究中です。
■担当科目
アジア経済論、アジア女性労働論、経済学概論、東アジア入門、現代韓国事情
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「韓国の少子化の原因や対策」
「中国貿易が日本経済に及ぼす影響」
「韓国の自動車産業」
「日本の高齢化と社会保障制度」
「韓国の大学生と英語教育」
■メッセージ
アジア各地域の多様性を様々な角度から学びながら、想像した以上の面白さを発見し、自分の可能性も見つけてみてください。
■趣味
クラシック音楽鑑賞、ウオーキング
海善准教授
ページトップ
中国
石其琳教授
■専門・研究テーマ
中国文学・語学の研究、中国少数民族現代化の諸問題、台湾現代文学・社会の諸問題
■担当科目
中国語、 中国語上級、 東アジア演習、 中国少数民族の文化、 卒業演習
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「中国におけるワタベウエディングの事業展開を例に見る中国ブライダル産業の今後の展開についての研究」
「映画『上海家族』で見る現代の中国社会における女性の自立問題について」
「三つの作品『汽車時代(自動車時代)』、『電話時代』、『電脳時代』から見る現代中国社会の諸問題」
「日本手話と中国手話の表現方法からみる文化との関わりについての一考察」
「新聞広告から見る中国社会の生活意識の変化」
「中国の人造美女コンテストにおける人権問題と今後の課題について」
■メッセージ
アジアの一員として、アジアの国、人々の生活などを勉強して、アジア各地へ出かけて見ましょう、きっとさまざまな経験が、あなた自身見つめなおすチャンスになるでしょう。
■趣味
絵画  音楽  読書  世界各地へ旅すること
石其琳教授
チベット現地調査のときチベット族の友たちと撮った写真です
崔 淑芬 教授
■専門・研究テーマ
教育史-特に中国女子教育史、中国歴史、比較文化
■担当科目
中国語検定、中国語ガイド試験対策、中国の教育と社会、卒業演習
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「日本野球と中国野球について」
「一人っ子政策からみる現代中国の子供たち」
「九州におけるアジアの訪日旅行者について」
「最澄と空海について」
「日本の食文化ー寿司文化と人々の生活」
■メッセージ
国際化時代に活躍できる人材になりましょう。
■趣味
音楽・読書・工芸品の集め
崔 淑芬 教授
ページトップ
イラン
大津 忠彦 教授
■専門・研究テーマ
西アジアの考古学、 考古学の社会的係属(考古学の歴史、とくに社会からの受けとめ られ方についての研究)
■担当科目
アジアの建築、博物館学(資料論、経営論・情報論、実習)、歴史考古学演習、考古学、シルクロード文化交流史
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「中国鏡と?製鏡〜模倣に表れる日本の美意識〜」
「弥生時代のガラス〜九州北部と大陸との交易ルートを探る〜」
「弥生式土器から見る吉野ヶ里遺跡〜人間の生活に欠かせないモノ〜」
「縄文土偶に表された女性像」
「日本の古代建築から世界を見る〜考古資料家屋文鏡に見る日本人と世界とのつながり〜」
■メッセージ
大宰府とその周辺は古代遺跡の宝庫、学びの材料に溢(あふ)れています。シルクロード文化も当地を玄関として日本へ入ってきました。大学から九州国立博物館へは徒歩10分。アジア文化にとっぷりと浸(つ)かり、そして“学問の神様”菅原道真に見守られながらのキャンパス・ライフは最高!
■趣味
近・現代日本文学鑑賞。「松本清張研究会」は設立当初からの会員です。そのミステリー作品に登場する遺跡や遺物を考古学者として考え、同時に主人公の世界や物語の舞台に逍遥(しょうよう)することが好きです。
大津 忠彦 教授
2007年5月18日 朝日新聞より
大津 忠彦 教授
監修を務める「ペルシャ文明展」(福岡会場)リーフレット
ページトップ
インド
喜多村百合 准教授
■専門・研究テーマ
文化人類学(インド)、開発と文化変化、ジェンダー、南アジア系移民の文化
■担当科目
現代インド事情、アジア・ジェンダー論、NPO・NGO論、アジア文化人類学、移民文化論
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「インドの貧困層と教育−アウトカーストの貧困対策と教育政策」
「現代インドにおける中間層の生活と価値変化」
「働く女性のワーク・ライフ・バランス」
「性的マイノリティの婚姻と法的対応」
「日本の水子供養に見る『生命観』と『ジェンダー』」
■メッセージ
あなたの知的冒険は、目の前にある「あたりまえ」の事柄を再考することから始まります。
■趣味
音楽鑑賞、水泳、旅行。
喜多村百合教授
インドの女性組織SEWA・ムスリム会員の聞き取り調査
ページトップ
インドネシア
田村史子 准教授
■専門・研究テーマ
音楽学。アジアの青銅楽器の系譜。ジャワのガムランと舞踊
■担当科目
アジア生活文化概論、アジア音楽実習、アジア舞踊実習、ミュージック・セラピー実習、アジアの儀礼と祭り
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「ガムランの可能性〜障がいを持つこどもたちとの交流を通して(共同研究)」
「ジャワ舞踊ルトノ・ティナンディンを踊る(共同研究)」
「辻が花染めの消滅について〜花のように華やかに、そして儚く散ったそのなぞに迫る〜」
「インドの伝承医学“アーユル・ベーダ”のトリ・ドーシャについて」
「ロックとアイデンティティー」
■メッセージ
音楽と舞踊は人間の知と心が作り出した精緻な精神のシステムです。そこには人々の文化が本来の姿でたち現れます。音楽や舞踊を通じてアジアの文化を学んでください。
■趣味
歩くこと。美しい手仕事を見ること。
田村史子教授
ジャワ舞踊を踊る前の祈り
田村史子教授
授業でガムランの演奏を指導
横山豪志 准教授
■専門・研究テーマ
比較政治学・インドネシア地域研究
■担当科目
東南アジア論、アジア政治論、近代日本とアジア、国際関係論、時事アジア
■H19年度卒業論文・卒業研究より
「なぜビルマで軍事政権は続くのか」
■メッセージ
好奇心をもってアジアを探求しよう
■趣味
旅、食べ歩き、タイガース
横山豪志教授
北京にて駱駝の掌を食べる
ページトップ
その他
竹熊真波 教授
■専門・研究テーマ
私の専門は教育学で、なかでも比較・国際教育学を専攻しており、アジアから日本にくる留学生の社会的背景を中心に研究を行って来ました。現在は、フィジーやフィリピンの華人教育についても研究しています。
■担当科目
中等教育学校教職課程専任教師として「教職入門」「中等教育原理」「特別活動指導論」「教育実習の研究」「教職実践演習」等の科目を担当するとともに、アジア文化学科の「基礎ゼミナール」「卒業ゼミナールT・U」を指導しています。
■H24年度卒業論文・卒業研究より
「日本の中国人留学生」
「「剩女」に関する一考察」
「纏足のような奇習はなぜ生まれたのか 〜女性の結婚観を中心に〜」
■メッセージ
平成24年10月より本学科に着任いたしました。アジア文化学科での教員同士あるいは学生の皆さんとの交流から改めてアジアの多様性を実感する毎日です。日本も含めたアジアの子ども達や教育問題に関心のある方、どうぞ研究室をお訪ねください。
■趣味
卓球、旅行
田村史子教授
フィリピンの"食"を調査中
ページトップ