文字サイズ変更

筑女について

情報公表

教員情報

詳細情報

教員名

栗山 俊之 (クリヤマ トシユキ)

筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 教授

主な担当科目
大学院  
学部 専門ゼミナール機基礎専門ゼミナール機∪賁腑璽潺福璽覘供基礎専門ゼミナール供∩躪膵嶌臓平邑◆κ刃臓法⊃邑教育、仏教学機∧教学供中等教育実習指導、社会科・公民科教育法機教職実践演習(中・高)、社会科・公民科教育法供教育実習機教育実習供⊃申ヽ惺崙畢
短期大学部  
研究分野 又は 実務経験分野
人文学 > 哲学 > 中国哲学・印度哲学・仏教学
人文学 > 哲学 > 思想史
学 位
文学修士
最終学歴
平成3年3月 龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程国史学専攻単位取得満期退学
主な職歴
平成7年5月 浄土真宗本願寺派覚永寺住職
平成8年4月 筑紫女学園短期大学非常勤講師(仏教と人間・仏教と人権・宗教と文学担当)
平成13年4月 福岡NHK文化センター講師
平成17年4月 筑紫女学園大学短期大学部現代教養学科准教授
平成21年4月 浄土真宗本願寺派同和教育推進委員
所属学会
日本印度学仏教学会、近代日本仏教史研究会
研究内容のキーワード
仏教学
日本思想史
主な社会活動
浄土真宗本願寺派覚永寺住職
福岡NHK文化センター講師
「二十五日会」(仏教聖典輪読会)主宰
浄土真宗本願寺派同和教育推進委員
浄土真宗本願寺派福岡教区諸研修講師
研究業績
過去5年間の主な著書、論文
  • 平成24年10月 博多萬行寺資料ー七里三河法橋頼周関係資料 その一− 論文
  • 平成25年1月 消息にみられる親鸞晩年の教学的営為 論文
  • 平成26年3月 『覚永寺縁起』、その検証 論文
主な著書、論文
  • 平成3年12月 戦時教学と真宗 第2巻 著書 単著 永田文昌堂
  • 平成6年9月 知と信 著書 共著 永田文昌堂
  • 平成8年11月 仏教その文化と歴史 著書 共著 仏教その文化と歴史
  • 平成11年2月 日本思想史における国家と宗教 上巻 著書 共著 永田文昌堂
  • 平成2年12月 日清戦争と本願寺派教団 論文 単著 仏教文化研究所紀要第29集