文字サイズ変更

筑女について

情報公表

教員情報

詳細情報

教員名

野中 亮 (ノナカ リョウ)

筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 准教授

主な担当科目
大学院  
学部 基礎専門ゼミナール機⊆匆馗敢瑳遜演習、宗教社会学、専門ゼミナール機▲如璽燭ら見る社会、社会学史、調査データの扱い方、地域社会学、専門ゼミナール
短期大学部  
研究分野 又は 実務経験分野
社会科学 > 社会学 > 社会学
学 位
文学修士
最終学歴
京都大学 大学院 文学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
主な職歴
平成13年 4月 大阪樟蔭女子大学 人間科学部 応用社会学科 専任講師
平成19年 4月 大阪樟蔭女子大学 学芸学部 ライフプランニング学科 准教授
平成24年 4月 大谷大学 文学部 社会学科 准教授
平成27年 4月 筑紫女学園大学 現代社会学部 准教授
所属学会
日本社会学会、関西社会学会、「宗教と社会」学会、日本社会学史学会、日仏社会学会
研究内容のキーワード
地域社会
都市
宗教
研究業績
過去5年間の主な著書、論文
  • 平成25年8月 『無印都市の社会学』 著書 共著 法律文化社 本人担当部分:第9章「匿名の自治空間[パチンコ店]」pp. 114-23
  • 平成27年11月 「都市祭礼における「社会の余白」 ─ だんじり祭の事例から ─ 」 論文(査読付き) 単著 日仏社会学会『日仏社会学会年報』26号 pp.105-17
  • 平成28年7月 『映画は社会学する』 著書 共著 法律文化社 本人担当部分: 第1章「動機の語彙(C.W.ミルズ)」pp. 2-13
主な著書、論文
  • 平成5年1月 『宗教生活の原初形態』における「俗」の位置−デュルケーム宗教社会学の動学化のために− 論文 単著 『ソシオロジ』第41巻第3号(第128号), pp.19-35
  • 平成14年12月 「鳳だんじり祭り」の概要と課題─伝統的祭礼の近代化と地域組織の変容─ 論文 単著 『大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要』第6号, pp.155-77
  • 平成16年3月 不気味さの論理─オウム真理教と地域社会─ 論文 共著 21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第二回報告書掘姪学篇〕pp.39-61
  • 平成16年5月 地域の安心、国家の治安 ─ オウム問題からみた日本の「コミュニティ・ポリシング」 ─(第4部19章) 著書 共著 京都仏教会監修、洗健、田中滋編 『国家と宗教―宗教から見る近現代日本』下巻 法藏館書店, pp.45-62
  • 平成16年12月 文化圏的視点による祭礼研究の可能性:鳳だんじり祭りの事例から 論文 単著 『大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要』第9号, pp.301-11