文字サイズ変更

筑女について

情報公表

教員情報

詳細情報

教員名

松本 和寿 (マツモト カズヒサ)

筑紫女学園大学 人間科学部 人間科学科 人間形成専攻 教授

主な担当科目
大学院  
学部 初等教育実習指導、卒業ゼミナール機⊃祐峽狙特殊講義供⊇蘚教科教育法(社会)、初等社会科概論、人間形成総合演習、卒業ゼミナール供教育史、教職実践演習(幼・小)、初等教育実習機⊇蘚教育実習供卒業論文、社会科教育法機⊆匆餡紛軌號´
短期大学部  
研究分野 又は 実務経験分野
社会科学 > 教育学 > 教育学
学 位
修士(教育学)
最終学歴
平成24年3月 九州大学大学院人間環境学府博士後期課程教育システム専攻単位取得満期退学
主な職歴
平成元年4月 長崎県長崎市公立小学校 教諭
平成 9年4月 長崎大学教育学部附属小学校 教諭
平成18年4月 長崎県教育センター 指導主事
平成20年4月 長崎県教育庁義務教育課 指導主事
平成23年4月 筑紫女学園大学人間科学部人間科学科 准教授
平成28年4月 筑紫女学園大学人間科学部人間科学科 教授
所属学会
日本教育学会、教育史学会、日本社会科教育学会、九州教育学会
研究内容のキーワード
社会科における教育評価の史的分析
社会科教育法
研究業績
過去5年間の主な著書、論文
  • 平成24年9月 『日本の教育の歴史を知る』 著書 共著 青簡社
  • 平成27年1月 「1955(昭和30)年 学習指導要領社会科編の改定と道徳教育」 論文 単著 『筑紫女学園大学・筑紫女学園短期大学部紀要』第10号
  • 平成27年3月 「中学校社会科における総合性の検討−分野別学習導入の史的分析を通して−」 論文 単著 『筑紫女学園大学 教育実践研究』創刊号
  • 平成28年8月 「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究−「全国小・中学校児童生徒学力水準調査」に関わる地方教育委員会の動きを中心に−」 論文 単著 『九州教育学会研究紀要』第43号
  • 平成28年8月 「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究〜新制高等学校入学者選抜に係る学力検査問題を中心に〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学人間文化研究所年報』第27号
主な著書、論文
  • 平成20年3月 「占領期における戦後教育改革理論の地方への伝達〜教育長等講習の実施と長崎県〜」 論文 単著 『飛梅論集』第8号 九州大学人間環境学府
  • 平成22年3月 「占領期における戦後教育改革理論の普及と地方軍政部〜長崎県を事例に〜」 論文 単著 『教育基礎学研究』第6号 九州大学大学院教育基礎学研究会
  • 平成24年3月 「戦後教育改革期の教員研修におけるワークショップ〜「小学校幼稚園教員研究集会」を中心に〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学・筑紫女学園短期大学部紀要』第7号
  • 平成27年1月 「1955(昭和30)年 学習指導要領社会科編の改定と道徳教育〜長崎県を事例として〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学・筑紫女学園大学短期大学部紀要』第10号
  • 平成29年1月 「戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究〜小学校社会科における態度に関する評価方法の検討〜」 論文 単著 『筑紫女学園大学研究紀要』第12号
外部資金獲得状況
基盤研究C
戦後教育改革期の社会科における道徳的「学力」の測定・評価に関する研究
(平成27年〜平成29年)