文字サイズ変更

筑女について

情報公表

教員情報

詳細情報

教員名

佐々木 浩 (ササキ ヒロシ)

筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 教授

主な担当科目
大学院  
学部 基礎専門ゼミナール機現代社会と環境、自然環境演習、動物と社会、生物的環境論、基礎専門ゼミナール供環境保護論、総合講座(生命)、基礎ゼミナール機九州の自然、生物のしくみ、基礎ゼミナール
短期大学部  
研究分野 又は 実務経験分野
総合生物 > 生物資源保全学 > 生物資源保全学
生物学 > 基礎生物学 > 生態・環境
学 位
博士(理学)
最終学歴
平成2年3月 九州大学大学院理学研究科(博士後期課程)生物学専攻単位取得満期退学
主な職歴
平成14年4月 筑紫女学園短期大学教授(平成27年3月まで)
平成14年4月 筑紫女学園短期大学教務部長(平成17年3月まで)
平成22年4月 マレーシア国民大学客員教授(平成23年3月まで)
平成24年4月 筑紫女学園大学・短期大学部入試部長(平成28年3月まで)
平成27年4月 筑紫女学園大学教授
所属学会
日本哺乳類学会、日本生態学会、日本環境教育学会、「野生生物と社会」学会、ヒトと動物の関係学会、応用動物行動学会、日本熱帯生態学会
研究内容のキーワード
生物社会
保全生物
環境教育
動物生態学
環境保全技術
主な社会活動
日本哺乳類学会哺乳類保護管理専門委員会委員
国際自然保護連合種の保存委員会カワウソ専門家グループ委員
福岡市動物の愛護と管理推進協議会会長
長崎県環境審議会委員
福岡市環境影響評価審査会委員
研究業績
過去5年間の主な著書、論文
  • 平成26年3月 A New Subspecies Identification and Population Study of the Asian Small-Clawed Otter (Aonyx cinereus) in Malay Peninsula and Southern Thailand Based on Fecal DNA Method 論文 共著 Scientific World Journal Volume 2014, Article ID 457350, 11 pages
  • 平成26年9月 Habitat and food resources of otters (Mustelidae) in Peninsular Malaysia. 論文 共著 AIP Conference Proceedings 1614:693-699.
  • 平成26年9月 Factors affecting the distribution of the Japanese weasel Mustela itatsi and the Siberian weasel M. sibirica in Japan 論文 共著 Mammal Study 39(3):133-139.
  • 平成27年3月 野生動物管理のためのフィールド調査法 哺乳類の痕跡判定からデータ解析まで 著書 共著 京都大学学術出版会
  • 平成28年3月 Evaluating the phylogenetic status of the extinct Japanese otter on the basis of mitochondrial genome analysis. 論文 共著 PLoS ONE 11(3): e0149341. doi:10.1371/journal. pone. 0149341
主な著書、論文
  • 平成20年12月 Establishing the foundation for an applied molecular taxonomy of otters in Southeast Asia 論文 共著 Conservation Genetics, 9(6):1589-1604.
  • 平成21年12月 Past and present distribution of the hairy-nosed otter Lutra sumatrana Gray 1865 論文 共著 Mammal study 34: 223-229.
  • 平成23年12月 日本の外来哺乳類-管理戦略と生態系保全 著書 共著 東京大学出版
  • 平成27年7月 The wild mammals of Japan(2nd ed.) 著書 共著 松香堂
  • 平成28年9月 日本のカワウソはなぜ絶滅したのか 論文 単著 筑紫女学園大学人間文化研究所年報 27:95-111.