文字サイズ変更

筑女について

情報公表

教員情報

詳細情報

教員名

一木 順 (イチキ マサシ)

筑紫女学園大学 現代社会学部 現代社会学科 教授

主な担当科目
大学院 英米文化特論
学部 表象文化論、専門ゼミナール機基礎専門ゼミナール機∪賁腑璽潺福璽覘供基礎専門ゼミナール供映画・映像論、ポピュラー文化論、総合講座(人権・平和)、卒業ゼミナール機卒業ゼミナール供研究ゼミナール、卒業論文・制作
短期大学部  
学 位
文学修士、黒人学修士
最終学歴
平成5年7月 ニューヨーク州立大学黒人研究科修士課程修了
平成6年3月 西南学院大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
主な職歴
平成20年4月 筑紫女学園大学文学部英語メディア学科教授
所属学会
日本社会文学会、Modern Language Association of America (MLA)、Rocky Mountain Modern Language Association of America(RMMLA)、Oceanic Popular Culture Association (OPCA)
研究内容のキーワード
アメリカ
アフリカ系アメリカ人
ポピュラーカルチャー
研究業績
主な著書、論文
  • 平成8年7月 Once We Were Allies:Black Nationalism and Pan-racial coalition 論文 単著 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢第7号
  • 平成9年1月 Once We Were Allies―Part2:The BPP and Its Concept of Race 論文 単著 筑紫女学園短期大学紀要第32号
  • 平成9年7月 Once We Were Allies―Part2(2):Reinventing Racial Identity 論文 単著 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢第8号
  • 平成19年1月 「A Rage in Harlem論パート1:ハーレムの悪漢小説」 論文 単著 筑紫女学園大学・短期大学部紀要第2号
  • 平成22年10月 “Embracing the Victimhood: A History of A-bomb Mangas in Japan” 論文 単著 International Journal of Asia Pacific Studies, Vol.7 No.1
外部資金獲得状況
基盤研究C
鄭成功表象の比較分析による海域東アジアの境界史的研究
(平成27年〜平成29年)